9月13日

アンバランスなリズムの一週間だった。
朝5時起床の一見健康そうな日と、終電まで働く日のサンドイッチ。寝てるんだか寝てないんだかよく分からず、今日は10時間も寝たはずなのに昼寝までしてしまった。

DSC_0033 
 
朝6時の渋谷はとても気分がよかった。平日だから酔っ払いさんの数も少ない。久しぶりに持ち歩いていたiPodが、この日は好調だった。朝一番にクチロロの1stが流れる。とても渋谷らしい気取った感じ。電車を降りて歩きはじめると、Blurのboys&girlsが歩調を強くさせる。ぐいぐい前に進む感じ、あ、なんか久しぶり。いいね、いいねと大きく手を振りつつ、まばらな街を進む。ドトールまだ開いてない、けど気にしない。

 

今日もiPodを持ち出したけれどイマイチしっくりこない。シャッフルしても、あれ?と言う感じ。次へ次へスキップばかりしているうちに、目的地に近づいて行ってしまう。損した気分。

 

たぶん、周りが静かだったからかな…とふと思う。商店街にいつものBGMが掛かっていなかったし、何も予定のない昼下がりの部屋みたいな静けさがあった。そういう時って、あんまり音楽が似合わない…のかな。だらーんとした静かな時間を楽しみなさいよ、という気持ちが生まれるような気がしなくもない。平和なんだから、とiPodがレコードを探しながらボソッと漏らしたのが聞こえたのかもしれない。

DSC_0035
 
結局、コードをグルグルに巻いたままのiPodが手元にある。発売されて10年目のiPod。僕の手元にやってきて1年とちょっとが経った。そういえば、先日のiPhone6の発表と同時に、このマルとシカクでできたiPodクラシックが引退されたらしい。iPodも全面タッチパネルのものだけになった。音楽プレーヤーはくる年くる年刷新されゆく運命なのだけれども、馴染んだデザインがなくなってしまうことを考えるとちょっと寂しい。

 

「曲をシャッフル」にモードを合わせると、たまにいいDJをしてくれる4つボタンが愛らしいマイiPod。昨夜落としてしまってごめん。このあいだ電池も変えたから、あと1年は大丈夫でしょう?
増えた傷をさすりながら、機嫌をとる。

 

広告を非表示にする